スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルデザインについて

1-1 (2)

早速ですが、ゲームを作るのに必要な"材料(素材)"って何だと思いますか?

・まず、"プログラム"これは基本ですよね。これが無ければゲームは動きません。
・他にも2Dゲームならドット絵、3DならCGデザインなど、"絵"も必要不可欠です。
・そして、イラストの演出等を強化するために"音楽(効果音)"も欠かせませんよね。

…大きくまとめるとこの3つの素材が必要になりますが、本当にそれだけでいいのでしょうか?
俺が今作ってる2Dゲームでは"レベルデザイン(マップデザイン)"も必要で、これが無ければいつまでたってもゲームが完成しません。

レベルデザインとは、簡潔にまとめるとプレイヤーがゴールするまでの"道のりやルートを作成する作業"のことで、
これはゲームのジャンルによって使い方が若干異なります。

では、このレベルデザインが一体どういうものなのかというと…。

----------
みんな大好きRPGではフィールドや町、お城の中までを設計する作業のことを指します。
(ちょっと海外のクリエイターさんの画像をお借りしました。少し覗いてみましょう。)

salotomountains11.jpg

こんな画面どこかで見たことありませんか?…まるで「RPGツクール」みたいですよね。
マップは配列で一マスごとに分けられており、そこに水や木などのオブジェクトを配置していきます。

----------
そしてこちらは3Dゲームのレベデザ。

wold6.jpg

これはFPSでしょうか。

RPGと違い対戦が本編のゲームでは対戦マップを作成するのがメインになります。
この場合は建物間の調整など全体のバランスを考えて組み立てないといけないため、
それこそ専門のデザイナーさんでないと完璧なマップを作り上げるのは難しいでしょうね。

後ほど記述する海外ではレベルデザインが重宝される理由はここにあるのかもしれません。

ちなみに3Dゲームのマップデザインでは一マスごとに配置する2Dゲームのマップデザインと違い、慣れれば自由に高低差をつけることが出来ます。

…さて、これらを設計する人のことを海外では「level designer」と呼ばれ、プログラマーやサウンドクリエイターと同じ開発スタッフの一員としてゲームを作っていくことが多いようですね。

しかしながらレベルデザインは日本ではあまり聞きなれない言葉だと思います。
それもそうで色々なゲームの開発内容を見てみたところ、レベルデザインは"プログラマー(もしくは3Dデザイナー)"が同時に設計してることが多く、レベルデザインだけのスタッフというのはあまりいないみたいです;

海外に比べて国内ではレベルデザイン単体のスタッフはあまり重宝されていないということなのでしょうか…。

少なからずですがレベルデザインのコツなどを記載した書籍もあるみたいで、気になった方は一度調べてみてもいいかも…。

話がそれちゃいましたね^^;すみません。
それでは、話を戻しまして…。

今回俺が作っているのはご存知2Dの横スクロールアクションゲーム。
さて、これのレベルデザインといえば…?

そうです!
コースやステージを作成する作業のことを指します。
(分かりやすいようにこれからは"コース作成"で統一します。)

----------
こちらが今作っているゲームのコース作成画面。
(特別に2面をちょっとだけお見せします。)

無題

俺が使っているのは「Tiled Map Editor」といって海外のレベルデザイナー御用達のフリーソフトです。

使わせてもらってる身分でこんなこと言うのもなんですが、少し機能不足と感じられる面があり、一つのコースを作るのに結構時間がかかったり;
それでも無料と日本語対応はうれしいですけどね^^

ちなみにプログラムの方はぜんぜんやっていませんが、一通りコースや音楽が出来上がって落ち着いたら(ゴールやミスした時の挙動も含めて)実装できていない箇所を紹介していこうかと思います。

以上、"レベルデザインについて"でした!
スポンサーサイト

コメント

No title

いつもながら勉強になります(^^

Tiled Map Editorは便利でいいですよね♪
使い方覚えるまでに日本語説明サイトが少なくて苦労しましたが、マップデザインの作業効率は劇的によくなりました。

No title

>>使い方覚えるまでに日本語説明サイトが少なくて苦労しましたが、マップデザインの作業効率は劇的によくなりました。

俺も使いこなせるまでまだ時間がかかりそうです。
第一tmxが何なのかっていうのが現状(貴方の記事も読ませていただきましたが…)で、今はオブジェクトをこのソフトを使って一旦見える位置に配置し、再度2次元配列で打ち込んでいるためはっきりいえば二度手間作業です;

これから先のことも考えてTiled Map Editorの使い方も徐々に覚えていくつもりです。そうすればゲームの製作時間の方もかなり短縮できると思いますしね。

~補足~
…因みに上で解説した「RPG Maker」ってアルツクの海外名称みたいですね;
知り合いに指摘されて…ドヤ顔で解説したのになんか恥ずかしいです;
非公開コメント

プロフィール

岡本 賢治

Author:岡本 賢治
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
Android専用アクションゲーム
「スーパーけんじラン」好評配信中!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
・公式サイトはこちらから
http://okamotodo.jimdo.com/

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。