スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作曲に使うシーケンサー

ゲーム音楽を作曲するのに当たって打ち込みに使えそうなシーケンサー(どれもゲームソフトですが…;)が色々ありどれを使おうか悩みました。

今回はプログラムコードの紹介ではなく、お世話になったシーケンサー(作曲ツール)を紹介していこうかと思います。
…ちなみに作曲はちょっとだけ俺の得意分野だったりもします^^

1.コルグ(DS版)

M01_DS_screen_564_277_in1.jpg

こちらはニンテンドーDS用ソフトの「KORG M01」です。ぶっちゃけ真っ先に考えたのがこれ!

コルグは音質がとてもすばらしく、音の制限数やテンポなども、他のソフトに比べて自由度は高いのですが、手軽に作れるかというとそうでもない気がします。
まあ俺がただ単にキーボードに慣れてないだけだと思いますが、ちょっと操作に難有りな点があり1つの曲を作るのに時間がかかります。

ちなみにこれの1つ前に発売されたシンセサイザー(?)の方は、購入したのは良いものの使い方が良く分からず、押入れの中で眠っています;

とまあ、曲のデータ数もいっぱいということもあり、少しこれはおいときます…。



2.メイ俺

SCE6wQFAUPLGFT541ItiU84e7wXmlBJs.jpg

続いては任天堂から発売したメイドイン俺ですね。

これは先ほどのコルグと違い手軽に曲を作ます。
大体2時間あれば1曲作ることができるぐらい手軽で、一見とても便利なんですが………!

1.楽器の種類が少ない。(確か20個程度)
2.小節は2オクターブまで。
3.メロディのトラック(同時に鳴らせる数)が4つまで、などなど…。

かなりの制限があります…;

いちおう楽器の種類に関しては"ファミコンっぽい音源"があり、それを使えば"ファミコンっぽい音楽"なりますが、それでも制限がきついせいでどれも似たり寄ったりの曲になってしまい、やっぱり本格的な作曲ツールとしては不向きなんでしょうね。(もともとプチゲームの音楽を作曲する機能なので仕方ないといっちゃあ仕方ないんですが^^;)

でも、がんばればこれくらいのクオリティの音楽は作れます。



…と、いうわけで今回の作曲にいたっては任天堂さんから発売された「大合奏!バンドブラザーズP」というソフトを使用させていただこうかと思います。

61hq0Ps2U8L.jpg

3.バンブラP(公式サイト

gakufu_image.jpg

これはバンブラシリーズの3作目にあたるもので、3DS用ソフトということもあり、前作よりも音質がパワーアップしています。ファミコン音源も複数の周波数から選択することができるので、オリジナルに近い音楽が作曲できそうです。

…が、肝心のソフトをなくしてしまい、今はとりあえず1つ前のバージョンのバンブラDXで作っていますが^^;

~オマケ~
バンブラDXで作ったマリオUSAのテーマ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡本 賢治

Author:岡本 賢治
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
Android専用アクションゲーム
「スーパーけんじラン」好評配信中!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
・公式サイトはこちらから
http://okamotodo.jimdo.com/

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。