スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり判定"上"の実装

当たり判定の"右"と"下"が実装できたら残るは"上"だけですね。ちゃっちゃと実装しちゃいましょう!

Screenshot_2014-03-31-06-06-36.png

上の赤いラインにブロックが触れるとブロックの種類によってさまざまなアクションを起こします。
ラインの設置場所はヨコからの接触を判定する緑色のラインよりも少し高めに設置しないとマリオがブロックをたたいた際に、若干右にずれてしまうので注意しないといけません。

ハテナブロックの中にはいろいろなアイテムが隠されており、ブロックごとにどのアイテムが出てくるのかあらかじめ決めておく必要があるのですが…めんどくさいことにアイテムの数だけスプライトを生成する必要があります。
これは"ハテナブロックの中身の数と同じ分だけスプライトも用意する"ということで、
たとえばコインが入っているハテナブロックとスーパーキノコが入っているハテナブロックを用意したい場合、
見た目が同じハテナブロックのスプライトデータを2つ分用意しないといけないことになります。

Screenshot_2014-03-31-06-08-25.png

ちなみに…見た目が同じ画像は使いまわせるので、画像は使いまわしたほうが容量的にも親切でしょう。
自分はデバッグ時にどのアイテムが入っているか分かったほうが作業が捗るので、画像もブロックの数だけ用意しています。容量的にあまりよくないと思うけど…。

実際にどんなアイテムが隠されているかは、このゲームをやって確かめてみてくださいね。

そして忘れてはいけないのがマリオの移動処理です。

IMG_20140331_062306.jpg

赤いラインとブロックがぶつかった場合、上図のように「上昇移動フラグをfalse」にします。
ここは何度も解説してるので説明はもう不要ですよね。ジャンプの処理を中断しています。

このゲームは左にはスクロールしないので、左側の判定は作る必要ありません。
よって今回の実装でプレイヤーの判定部分は完了したことになります。お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岡本 賢治

Author:岡本 賢治
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
Android専用アクションゲーム
「スーパーけんじラン」好評配信中!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
・公式サイトはこちらから
http://okamotodo.jimdo.com/

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。