スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコアとコイン部分の実装~その2~

大変長らくお待たせしました。コイン取得判定の実装です。

Screenshot_2014-01-20-19-33-16 (2)

マリオが触れると「コイ~ン」と、音が鳴ります!
…ごめんなさい。

今回はコインを表示する変数とカウントする変数を用意しました。

private Text coinText; // 現在のコインを表示するテキスト
private int currentCoin; // 現在のコインを数値で記憶

変数coinTextの型に注目してください!
「Text型」という見慣れない型名が登場しましたね。
これはAndengineが持っているオリジナルの型で、テキストを画面に描画する役割を果たします。

次にインスタンスを作ります。

coinText = new Text(312, 36, font, ""
+ currentCoin, 20, new TextOptions(HorizontalAlign.LEFT),
getBaseActivity().getVertexBufferObjectManager());
attachChild(coinText);

変数currentCoinにコインを取った枚数を記録していきます。
コインを1枚取るごとに「currentCoin++;」などしてカウントしていけば、
取った枚数を記録できる!というわけです。

忘れてはいけない、setTextメソッドで画面にテキストを表示させれば完了です!
coinText.setText("" + currentCoin);

Screenshot_2014-01-20-20-19-33 (2)

コインがカウントされるようになった!
スポンサーサイト

プロフィール

岡本 賢治

Author:岡本 賢治
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
Android専用アクションゲーム
「スーパーけんじラン」好評配信中!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
・公式サイトはこちらから
http://okamotodo.jimdo.com/

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。